タノコム - 一人暮らしを楽しむための情報ブログ

【革靴の修理】ちょっとした傷を3ステップで補修する方法

【革靴の修理】ちょっとした傷を3ステップで補修する方法

お気に入りの革靴に傷がついてしまった・・・そんな日は一日テンションが下がってしまいますよね。

「忙しくてプロに頼む時間もないし・・・でも早く何とかしたい!」
そんなあなたに、ちょっとした傷を3ステップで補修する方法をご紹介します。

<スポンサーリンク>

革靴のちょっとした傷は自分で補修できる!

image-157

靴のトゥやヒールの部分は、歩いているうちにダメージを受けやすい部分です。
特に革靴の傷は白っぽく目立ってしまうため、小さな傷でも気になってしまうもの。

そこで、小さい傷は「靴クリーム」を使って自分で簡単にケアしてみましょう。
それでも消えないちょっとガンコな傷には「傷補修クリーム」を使って傷を補修します。

小さい傷を3ステップで補修する

小物

靴クリームを奥まで塗りこみ、傷を目立たなくしましょう。
革の色が落ちてきたときも同様にお手入れを。

必要な道具

  • 靴ブラシ
  • 靴クリーム(※靴と同色)
  • 革用クリーム
  • 綿棒
  • 乾いたやわらかい布

1. ブラッシングする
まずは靴ブラシでブラッシングします。
※小さな傷であればブラッシングだけでも消えることがあります。

コロンブス 靴ブラシ 102
コロンブス 靴ブラシ 102

posted with amazlet at 17.03.29
コロンブス
売り上げランキング: 3,727

2. 靴クリームで補色する
靴と同色の靴クリームを綿棒に少量取り、傷に塗ります。乾いたやわらかい布でこすって、傷に色を塗りこみましょう。

Check靴クリームの選び方
基本は革靴と「同色」のものを選び、無いときは「やや薄い色」を選びます。靴の色より濃いとシミになるので注意!まずは目立たない場所に少しだけ塗って確かめましょう。

靴クリームには2種類のタイプがあるので、好みや使い勝手にあわせて選びましょう。

  • 乳化タイプ・・・ツヤ出しや防水性に優れている。
  • 油性タイプ・・・ソフトで扱いやすい。

出典:革靴の手入れ頻度は使ったあと&月一回!方法を具体的に解説

Check同色の靴クリームがない場合は「クレヨン」で応急処置
クレヨンには靴クリームや革靴の表面と同じ成分の「油脂とろう」が含まれているため、色がなじみます。
やり方は革靴と同色のクレヨンを傷に塗り、乾いた布でこすってなじませます。仕上げに革用クリームを塗り、布で磨けばOK。

3. 革用クリームで磨きこむ
靴クリームを塗り終わったら、少し時間を置いて乾かします。
今度は乾いたやわらかい布で革用クリームを傷に塗り、磨きこみます。何度か磨くうちに、傷が目立たなくなってきます。
こちらは透明のものなので、色は気にしなくてOK。

 

次は、「ちょっとガンコな傷を補修する方法」を解説していきます。

<スポンサーリンク>

ちょっとガンコな傷を3ステップで補修する

image-93

ちょっとガンコな傷は、「傷補修クリーム」を使って補修しましょう。

必要な道具

  • 靴ブラシ
  • 着色用傷補修クリーム(※靴と同色)
  • 乾いたやわらかい布

1. ブラッシングする
まずは靴ブラシを使って軽くブラッシングします。

2. 傷補修クリームを塗りこむ
革靴と同じ色の傷補修クリームを、乾いたやわらかい布(できればクロス)に適量取ります。※ほんの少量をスッと取る程度に。

布を使って傷に塗りこんでいき、終わったら少し乾燥させます。

※靴補修クリームも靴の色より濃いとシミになるので注意!まずは目立たない場所に少しだけ塗って確認しましょう。

Pointガンコな傷には「指」で厚塗り
傷がガンコな場合は、さらに厚塗りをしていきます。
厚塗りをする際、クロスなどは逆にクリームを落としてしまうので、指で直に塗るとよいでしょう。

3. 靴ブラシでブラッシングする
最後に靴ブラシ(できれば豚毛)で傷の周辺をブラッシングして、クリームをなじませます。
※ブラシをかけすぎるとクリームが落ちてしまうので、ササッと行うのがコツ。

ここまでやっても革靴の傷が消えない場合は、靴修理のお店に相談しましょう。
傷の周囲をヤスリで削ってなだらかにし、再接着することなどで回復させてもらえます。

前回の記事もあわせてどうぞ
革靴の手入れ頻度は使ったあと&月一回!方法を具体的に解説

スーツ類の手入れまとめ
【新社会人特集】スーツや革靴などの手入れ方法まとめ12選

<スポンサーリンク>

(最終更新:2017-04-01)
Return Top