タノコム - 一人暮らしを楽しむための情報ブログ

貧乏で一人暮らしの引越しは色々つらい【費用と必要書類】

貧乏で一人暮らしの引越しは色々つらい【費用と必要書類】

貧乏であれば節約、節約と言ったら固定費から、固定費で一番高いと言えば家賃」。

家賃を安くできたら大きい!と思い立ち、賃貸不動産に話を聞きに行ってきた。
しかしすぐに現実(特にお金)を突きつけられ、ボコボコにされて帰ってくる(`;ω;´)

とりあえず忘れないうちに必要なものをメモしておく。

<スポンサーリンク>

引越しにかかる初期費用

東京・家賃4万円とある物件の場合

項目 金額 備考
敷金  40,000円  ※家賃の0〜2ヶ月分が多い
礼金  0円  ※家賃の0〜2ヶ月分が多い
家賃  40,000円  
共益費 0円  ※0〜10,000円が多い
仲介手数料  43,200円  ※不動産ごとに異なる
火災保険料  20,000円  ※2年分
消毒  15,000円  ※高い場合は30,000円かかることも
鍵交換  18,000円  ※20,000円前後が多い
保証料 25,000円  ※2年分(保証人がいない場合はさらに高くなる)
★合計(税込) 201,200円  
  • 敷金・礼金はできるだけ安く抑えたい。理想は0円。
  • 共益費も忘れずにチェック。(家賃が安いと思いきや、毎月の共益費を入れると予算オーバーになることがある)
  • 仲介手数料がくそ高い。

※初期費用は、物件や賃貸不動産ごとに異なるのであくまで概算
※物件を気に入った場合、平均2週間以内に「初期費用」を支払う必要がある。

初期費用だけで20万円かぁ…。

引越しに必要な書類

東京・家賃4万円とある物件の場合

必要書類 枚数 備考
入居者全員の住民票 各一通  
連帯保証人の印鑑証明書 各一通  
契約者の収入証明書 (源泉徴収票または課税証明書) 各一通 Q. どうしても用意できない場合は?
A. 通帳のコピー(収入や貯金がわかる内容)でもOKになることがある。
連帯保証人の収入証明書 (源泉徴収票または課税証明書) 1部  

収入証明書…だと……!?
ニートでありフリーランスであり無職の貧乏人間にはつらい書類である。

通帳のコピーで審査が通る場合もあるらしいが、ただのコピーではいけない。
「数年は、確実に、家賃が支払えるほどの貯金がある」ことを証明しなければならない。

(´;ω;`)ウッ…

初期費用より、こっちの方が胸をえぐられる思いがするぜ…。

<スポンサーリンク>

初期費用が安くなる賃貸サイト

12月はまだ物件が少なく、1〜2月にもっとも増えるということだったので、それまでネットを使って探してみることにした。

ホームアドパーク

  • 期間によっては「電話で問合せすると仲介手数料が半額になる」「成約するとQUOカードプレゼント」などのキャンペーンを行っている
  • すべての物件がキャンペーン対象ではない(首都圏の物件がメインぽい)

キャッシュバック賃貸

  • 1〜5万円のキャッシュバックが必ずもらえる

色々見比べて、上記2サイトにしぼる。
キャンペーンで仲介手数料が半額になったり、必ずキャッシュバックがもらえるのは大きい。

どちらかのサイトで希望の物件が見つかると助かるんだけどなぁ(´・ω・`)
なにか進展があったら、また記事書こうと思います。

<スポンサーリンク>

(最終更新:2016-04-27)
Return Top