タノコム - 一人暮らしを楽しむための情報ブログ

靴と下駄箱の臭いをスッキリ消臭してカビを防ぐ3つの対策法

靴と下駄箱の臭いをスッキリ消臭してカビを防ぐ3つの対策法

「下駄箱や玄関からイヤな臭いが・・・」
「下駄箱にカビが生えてしまった」
実はそれらの問題は、“靴”が原因になっていることが多いのです。

今回は、「靴と下駄箱の臭いをスッキリ消臭して、カビを防ぐ3つの対策法」を分かりやすくご紹介します。

<スポンサーリンク>

靴の臭いがクサくなる原因って?

水,雨

一日で「コップ一杯の湿気」が足から出ると言われています。
湿気で靴の中が蒸れるとカビや雑菌が繁殖しやすくなり、それが原因で靴の臭いがクサくなってしまうのです。

おまけに靴のカビや雑菌が下駄箱のなかにも広がり、玄関全体がイヤ〜な臭いに包まれてしまうことに・・・。

逆にいえば「下駄箱や玄関の臭い&カビ問題」は、靴を対策することで大部分が解決すると言ってもいいでしょう。

簡単!2ステップで「靴の臭い対策」

靴

靴の臭い対策は、靴の内側を清潔に保ち、臭いのもとになる雑菌を防ぐことがポイントです。
日頃のちょっとした心がけで、臭いを事前に防ぎましょう。

1. 水拭きする
水を固くしぼった布で、靴の内側についた汗や皮脂などの汚れをしっかりふき取ります。

2. 風通しのいい場所に収納する
下駄箱の扉をときどき開け放して風を通しましょう。湿気を防ぎ、カビや臭い予防になります。

注意購入した箱に収納するのはNG
風が通らず、雑菌が繁殖する原因になります。必ず風通しのよい場所に靴を収納するようにしましょう。

靴と下駄箱をスッキリ消臭!

コーヒー

靴や下駄箱にしみついた臭いには、「コーヒーかす」や「炭」がおすすめです。
コーヒーや炭は「多孔質(非常に細かい穴がたくさんあるもの)」なので臭い成分が吸着しやすく、高い消臭効果が得られます。

コーヒーかす
トレーや新聞紙に広げて乾燥させる。

水洗いして鍋でひと煮立ちさせ、自然乾燥させる(使用済みのものでOK)。

乾燥させたら、それぞれ通気性のよい袋(お茶パックなど)に入れて靴の中に入れておけば、消臭効果が2~3週間ほど持続します。
使い終わった身近なものも再利用できて一石二鳥!

前回の記事もあわせてどうぞ
いい匂いにしたい!身近なもので部屋の臭いを消す9つの方法

 

それでは最後に、「下駄箱のカビを防ぐ4つの収納アイデア」をご紹介しましょう。

<スポンサーリンク>

下駄箱のカビを防ぐ!靴の収納アイデア4つ

収納

ブーツやサンダルなど、シーズン以外の靴をずっと下駄箱に入れっぱなしにしていませんか?
いざ履こうとしたらカビが生えてる!なんていう経験がある人も多いのでは。

カビ対策のポイントは、「カビのエサとなるホコリや汚れ、湿気を防ぎ」「風通しをよくする」ことが重要です。

1. スペースに余裕をもって収納する
一足一足のスペースを開けて余裕をもって収納することで、風通りがよくなりカビ予防になります。

2. ときどき風を通す
下駄箱の扉をときどき開けたままにして風を通します。
「カビ予防」+「臭いがこもるのを防ぐ」ことができます。

Check
梅雨や秋雨シーズンなど、雨の多い時期は扉を開けっぱなしにしておくくらいがベスト。
さらに下駄箱に向けて扇風機などで風を送れば、より効果が上がります。

3. もとの場所と違う場所に収納する
靴をしまうときは元あった場所ではなく、次に履く靴を出した場所にしまいましょう。
靴の定位置を変えることで、下駄箱の中にたまった湿気や臭いを移動させる効果があります。

4. 大切な靴は上段に収納する
湿気は下にたまる性質があるので、大切な靴は湿気の少ない上段に収納するのがおすすめです。
湿気の影響が少ない素材のもの(ビーチサンダルなど)を下段に収納します。

一度生えてしまったカビや、しみついた臭いを取るのは面倒だし気持ちも沈んでしまうもの。
日頃のちょっとした心がけで、清潔な状態を保って快適な生活を送りましょう!

<スポンサーリンク>

(最終更新:2016-09-10)
Return Top