タノコム - 一人暮らしを楽しむための情報ブログ

【正しいスーツの保管方法】収納で気をつけたいポイント5つ

【正しいスーツの保管方法】収納で気をつけたいポイント5つ

大切なスーツは美しく長持ちさせたいもの。
「クリーニングにも出したし、これで完璧!」と安心していませんか?

クリーニングから戻ってきたスーツをそのまま保管してしまうと、「シワ」「型くずれ」だけでなく、「カビ」「虫の発生」の原因に・・・。

そこで今回は、「スーツの保管で気をつけるべき5つのポイント」について分かりやすくご紹介します。

<スポンサーリンク>

スーツを保管するときの5つのポイント

クリーニングは汚れが落ちる反面、服地へのダメージがあるため、よほど汚れがひどくない限りワンシーズンに一回が原則です。

またクリーニングから戻ってきたスーツはそのまま保管せず、「防虫」「湿気」「紫外線」対策を行うことが重要です。

乾燥させる

スーツ男性

まずはクリーニング店のビニールからスーツを取り出し、風通しのいい場所で少し乾燥させましょう。

Check
クリーニングから戻った服は湿気を帯びている場合があります。湿気があるまま保管してしまうと、カビや虫の原因となるだけでなく、周囲の服にも悪影響となってしまいます。

乾燥させるときに「抗菌スプレー」をかけておくのもおすすめです。

ハンガーを替える

ハンガー

クリーニング店のハンガーはあくまでも持ち運びを第一につくられています。そのまま保管してしまうと、シワや型くずれの原因に・・・。

スーツを保管するときは肩の部分が肉厚なハンガーに替え、不織布(ふしょくふ)でできたカバーに入れるのがおすすめです。
美しい形を保ったまま、通気性をよくしてカビを防止してくれます。

※ハンガーの選び方については、スーツのシワ取り記事の<シワや型くずれを防ぐハンガーの選び方>を参考にしてみてくださいね^^

<スポンサーリンク>

余裕をもって収納する

衣類

スーツをクローゼットにかけて保管するときは、スペースに余裕をもたせた状態で収納しましょう。

衣類を詰め込みすぎるとスーツが型くずれしやすいだけでなく、「風通しが悪く湿気がこもりやすい」「防虫剤の効果が薄くなる」といったデメリットが生じます。

 

注意スーツを保管するときは「光」を避けよう
日光はもちろんのこと、蛍光灯の光でも生地がやけてスーツが変色してしまうので注意が必要です。特に明るい色は光にやけやすく、ダークな色合いでも綿素材の紺色が“茶色っぽく変色”することも。

スーツをしばらく着ないときは、クローゼットなどの光が入らない場所で保管するようにしましょう。

クローゼットの湿気対策をする

湿気

閉めきったクローゼットには湿気がこもりがちです。晴れた風のある日に、扉を開け放って中に風を通しましょう。
天気が悪い日などは、扇風機を使って冷たい風を送り込むのも有効です。

また湿気は上から下へ向かう特性があるため、2段クローゼットなど高さの違いがある保管場所では「上段にデリケートな素材を収納」するようにします。

防虫剤を絶やさない

冬

有効期限が切れたあと、そのままにしがちな防虫剤。十分に気をつけないと、大切なスーツを虫にかじられてしまうかもしれません。

衣類を食べる虫たち(自分でやる害虫駆除特集!家に出る虫対策のまとめ記事10選)

防虫剤の期限が過ぎたら、忘れずにすぐに取り替えるようにしましょう。

この機会に、着なくなった洋服の整理をしてクローゼットを広くしてみてはいかがでしょうか^^
ポイントをしっかり押さえて、お気に入りのスーツを長持ちさせましょう!

スーツ類の手入れまとめ
【新社会人特集】スーツや革靴などの手入れ方法まとめ12選

<スポンサーリンク>

(最終更新:2016-09-14)
Return Top