タノコム - 一人暮らしを楽しむための情報ブログ

夏バテ対策にピッタリの飲み物と夏に避けたい3つの飲み物

夏バテ対策にピッタリの飲み物と夏に避けたい3つの飲み物

「夏バテ対策には水分が必要だ!」と水をがぶ飲みしていませんか?

水だけ飲んでいても、汗で失われた「ミネラル」を補給できないどころか、疲労感や水中毒の原因になることも。
また甘いジュースや炭酸飲料、コーヒーや緑茶なども“夏の水分補給には不向き”だといえます。

今回は、夏バテ対策にピッタリの飲み物や、夏には避けるべき飲み物を分かりやすくご紹介します。

<スポンサーリンク>

飲み物で夏バテになる3つの主な原因

image-89

水の一気飲み
胃液が薄まり、消化不良や胃もたれ、胃炎、むくみ、水太り、疲労感の原因になります。
さらに血液が急激に薄まると、心臓や腎臓に負担がかかり、脳がむくんで“水中毒”になることも。
カフェイン入りの飲み物
利尿作用が高く、夏場の水分補給には逆効果となってしまいます。
主にコーヒー、紅茶、緑茶、コーラ、ココア、アルコール、栄養ドリンク、風邪薬などが挙げられます。
甘いジュースや炭酸飲料
飲みすぎると、血液がドロドロになって血のめぐりが悪くなり、細胞に栄養や酸素が供給されなくなります。
その結果、疲労感が増したり、糖分過多で糖尿病のリスクがぐんと高くなります。

 

水やお茶の飲みすぎは、胃液が薄くなり栄養素の吸収が低下することで、体調不良や夏バテの原因に。
回数を分けて少しずつ飲んだり、食事前はたくさん飲まないことが大切です。

「栄養ドリンク」と「風邪薬」に注意
「栄養ドリンク」や「風邪薬」には利尿作用があるので、“発熱””脱水気味”のときには注意が必要です。服用したあとは、たっぷりの水を飲んで水分補給をすることを心がけるようにしましょう。

 

夏バテ対策には「ミネラル」と「ノンカフェイン」

image-183

暑い夏には、汗と一緒に出て行ってしまう「ミネラル」を補給することが重要なポイントです。(※水だけでは補えない)
また、カフェインが含まれていると利尿作用で体外に出てしまうので、なるべく「ノンカフェイン」を選ぶようにします。

「ミネラル」と「ノンカフェイン」の条件を満たす飲み物がこちら!

麦茶
夏の飲み物の代表。身体の熱を外に出してくれます。
「麦茶+少しの砂糖+レモンやミルク」を混ぜると紅茶のような味になるので、おやつにもぴったり。
ドクダミ茶
昔から夏バテ対策の特効薬として有名。体の毒や老廃物を出してくれます。
はとむぎ茶
体の新陳代謝を高め、美しい肌を作る薬草茶です。
そば茶
血行を促進し、免疫力を高めてくれる夏のお茶。

ノンカフェイン ルイボスティー ティーバッグ 3g×100個入
ティーライフ
売り上げランキング: 53

ほかにもルイボスティー、黒豆茶、ゴーヤ茶、タンポポ茶、甜茶(てんちゃ)、杜仲茶(とちゅうちゃ)などたくさんあります。
ぜひ自分好みの味を見つけてみてくださいね(^^)

Check「プラス塩」で熱中症対策も!
水や麦茶に「ひとつまみの塩」を入れたり、「レモン汁+はちみつ」などを加えると、簡単なスポーツドリンクができます。
水と一緒に梅干しを食べるだけでも、手軽で効果的なのでおすすめです。

<スポンサーリンク>

「経口補水液」をうまく活用する

image-63

経口補水液(けいこうほすいえき)とは、体液に近い成分を再現した飲料のことです。飲んですぐ体内に吸収されるため、すみやかに脱水を防ぐことができます。

以下のようなケースで活用すれば、熱中症対策や症状の改善に効果的です。

  • 汗をたくさんかいたあと
  • 発熱しているとき
  • 嘔吐や下痢のとき
  • 食欲がないとき

経口補水液は薬局やドラッグストア、通信販売などで手に入れることができます。
ペットボトルでそのまま飲めるものや、粉末を水に溶かして飲むタイプなどがあるので、好みの使い勝手に合わせて選ぶとよいでしょう。

大塚製薬工場 オーエスワン PET 500mLx24 (ケース)
大塚製薬工場
売り上げランキング: 2,884

簡単!ヨーグルトラッシーを作ってみよう

ヨーグルト

汗で失われた「ミネラル」や「ビタミン」を補って疲労を回復してくれる、夏にぴったりのドリンクをご紹介します。

材料(2杯分)

  • プレーンヨーグルト・・・1カップ
  • 豆乳・・・1/2カップ
  • 野菜ジュース・・・1/2カップ
  • レモン汁・・・小さじ2
  • はちみつ・・・お好みで

作り方
すべての材料をボウルなどでよく混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やせば完成!

暑い夏は食欲が出ないせいで、何かと栄養が偏りがちです。
また汗で失ってしまう「ミネラル」は、食事から補給することも非常に重要です。

夏バテ防止にピッタリの食材を、前回の記事(【夏バテ防止に】夏にピッタリのおいしい食材を食べよう!)で詳しく解説していますので、こちらもぜひ参考にしてみてくださいね(^^)

<スポンサーリンク>

(最終更新:2016-09-05)
Return Top