タノコム - 一人暮らしを楽しむための情報ブログ

ネクタイの日常の手入れって?正しい保管やトラブル解消法

ネクタイの日常の手入れって?正しい保管やトラブル解消法

Vゾーンは意外と人の視線が集中するポイントです。
きちんとネクタイの手入れをすることで、キリッと引き締まった胸元を演出することができます。

今回は、ネクタイの日常の手入れや保管方法、トラブルの解消法などを分かりやすくご紹介します。

<スポンサーリンク>

ネクタイの日常の手入れって?

スーツ

一般的なネクタイは「シルク素材」で作られているため、洗濯やクリーニングによって生地が劣化してしまいます。

よほど汚れたりしない限り、基本的に「シワを伸ばす」「毛羽立ちを解消させる」「正しく保管する」の3つが日常の主な手入れになります。

※汗や食べ物などで汚れた場合の対処は、前回の記事(ネクタイの汚れ落としは洗濯やクリーニングを避けてやろう!)を参考にしてみてくださいね^^

ここでは「結びジワや毛羽立ちの解消」「正しい保管方法」などを解説していきます。

結びジワを伸ばす

スーツ男性

ネクタイの大敵「結びジワ」。一日中締めつけられたネクタイにはかなりの負荷がかかっており、そのままにしておくとついたシワが取れなくなってしまいます。

ネクタイを外したら、まずシワを伸ばすクセをつけましょう。その日のうちに伸ばすことで、頑固なシワになるのを防ぐことができます。

1. 生地をもむ
ネクタイを外したら、左右の親指を使って「生地をもみながら」シワを伸ばしていきます。

【point】
ネクタイの生地はバイアス(布目に対して斜め)に裁断されています。よって一方向だけでなく、「縦」「横」「斜め」方向へシワを伸ばすことで結びジワが取れやすくなります。

2. 生地を軽くたたく
仕上げに、指先で軽く生地をたたくようにしてシワを伸ばしたら完了!

頑固な結びジワにはスチームアイロン

衣類

指だけではなかなか結びジワが取れない場合は、生地に蒸気をあてることでシワがのびやすくなります。
アイロンのスチーム機能を使って、シワをキレイに伸ばしましょう!

1. スチームをあてる
ネクタイにあて布をして、少し離した位置からアイロンのスチームをあてます。※生地に直接あてないように!

2. 裏側にもスチームをあてる
ネクタイを裏返し、表と同様にアイロンのスチームをあてます。

3. 指でシワを伸ばす
ネクタイを表に返し、指で生地をもむように伸ばしてシワを取ります。
一度にシワを取ろうとせずに、数回くり返すと美しく仕上がります。

毛羽立ちの解消法

毛糸

「毛羽立ち」はネクタイを引っかけたり、スーツとの摩擦などで弱くなった糸が抜けることで起きます。

対処法は「ライターの火であぶって指でなじませるだけ」なので、コツを覚えて毛羽立ちをキレイに解消しましょう。

注意
ポリエステル、ナイロン、アクリルなどの素材は燃え上がる可能性があるため、くれぐれも注意しましょう。

1. ライターの火であぶる
ライターを毛羽立ちに近づけ、ほんの一瞬だけサッと火であぶり毛先を丸くします。

2. 指でもむ
やけどに注意して、火であぶった部分の生地をすばやく指でもめば、自然となじみます。

 

それでは最後に、「ネクタイの正しい保管方法」についてご紹介しましょう。

<スポンサーリンク>

正しいネクタイの保管方法

スーツ

ネクタイの保管方法には「吊るす」「丸める」などさまざまな種類がありますが、一番は二つ折りにして「平置き」するのが理想的です。

・吊るす
ネクタイハンガーなどにかけることで、見やすく取り出しやすい反面、生地の重さでネクタイが伸びてダメージを受ける。

・丸める
・コンパクトで場所を取らない反面、一度ついたシワが伸びにくく、キレイな形を維持するのが難しい。

・平置き
シワを防ぎ、生地へのダメージが少ない反面、収納スペースを取ってしまう。

前述のとおり収納スペースの問題もあるため、保管場所に余裕がある場合はできるだけ「平置き」スタイルにするようにしましょう。

 

それでは「平置き」で保管する方法を具体的に解説していきます。

1. ネクタイを外し、まずは<結びジワを伸ばす>

ネクタイ手入れ2. 小剣(ネクタイの細い側の先端)を、ネクタイ裏側のループに通す。

ネクタイ手入れ3. ループに通したら、小剣と大剣(ネクタイの太い側)をぴったり揃える。

ネクタイ手入れ4. 次にネクタイの中央にあたる「中継ぎ部分」をループに通す。

ネクタイ手入れ5. 「中継ぎ部分」の先端を、小剣と大剣にきれいに揃えれば完了!

ネクタイ手入れ6. 保管するときは平置きで、少しずつ重ねるように収納すればOK。

お気に入りのネクタイを長持ちさせるには、スーツと同じく一回着用したら1~2日(理想は3~4日)は休ませ、生地のダメージを回復させることが大切です。
同じ種類のネクタイを何本か持っておくと便利ですよ^^

スーツ類の手入れまとめ
【新社会人特集】スーツや革靴などの手入れ方法まとめ12選

<スポンサーリンク>

Return Top