タノコム - 一人暮らしを楽しむための情報ブログ

ネクタイの汚れ落としは洗濯やクリーニングを避けてやろう!

ネクタイの汚れ落としは洗濯やクリーニングを避けてやろう!

汚れたからといってネクタイを洗濯機でまわしたり、頻繁にクリーニングに出していませんか?

お気に入りのネクタイが、洗濯やクリーニングによって生地が劣化し、光沢や風合いが失われてしまうことも・・・。

ということで、今回は「ネクタイに汗や飲み物がついたときの汚れ落とし」を分かりやすくご紹介します。

<スポンサーリンク>

ネクタイは洗濯やクリーニングを避けよう

スーツ

ネクタイの多くは「シルク素材」でつくられています。

シルクは吸湿性が高いため、水につけると一瞬で水分を含み、生地が縮んでヨレが生じてしまいます。
自宅の洗濯機に入れることはもちろん、頻繁にクリーニングに出すことも極力避けるようにしましょう。

自分で適切な処置を行うことが、ネクタイの美しさを保ち、寿命をのばすことにつながるのです。

 

それでは実際に、ネクタイについた汚れ落としの方法を解説していきます!

「汗や皮脂」の汚れ落とし方法

image-51

汗をたくさんかいたからといって、ネクタイを洗濯機に放り込むのはNGです。
水洗い不可のシルク素材には、「ベンジン」を使って汚れをキレイに落としましょう。

Checkベンジンって?
ドライクリーニングと同様の効果をもつ揮発性(蒸発しやすい性質)の油で、皮脂などの汚れをとり除いてくれます。
ただし「輪ジミ」が発生しやすいことや、換気や火気に十分注意して使用する必要があります。

 

1. ベンジンで拭く
乾いたキレイな布にベンジン(少量)を含ませ、汗ジミの周辺を軽く拭きます。

【Point】
部分的に拭いてしまうと「輪ジミ」になりやすいので、周囲にベンジンをうすく広げるように拭くのがポイントです。
終わったら、霧吹きで水を1〜2回軽くかけておくとなお良いでしょう。

2. 陰干しする
湿気を含んだままにしておくと、ネクタイが「色落ち」してしまうことがあります。
風通しのよい場所でしっかりと乾かせば完了です!

 

続いて、「食べ物や飲み物をこぼしたとき」の汚れ落とし方法を解説していきます。

<スポンサーリンク>

「食べ物や飲み物」の汚れ落とし方法

カレー

吸湿性が高いシルク素材は、食事中の汚れなどでシミができやすいもの。
まずは応急処置をしっかりして、ネクタイのシミを防ぎましょう!

1. 水分や汚れを吸いとる
まずは乾いたタオルなどで軽くたたくようにして、水分や汚れを吸いとり応急処置をします。※ゴシゴシこすらないように!

2. タオルを濡らす
タオルをぬるま湯で濡らし、できるだけ固く絞ります、

3. 洗剤で軽くたたく
「食器用中性洗剤(1~2滴)」を濡れたタオルに垂らし、洗剤がついた部分をシミにあてます。
ゴシゴシこすったりせずに、指先でトントンとたたくようにするのがポイント。

4. ドライヤーで乾かす
ドライヤー(※冷たい風)でネクタイをしっかり乾かせば完了!

意外と汚れやすいネクタイですが、自分で対処できることを知っておけばひと安心!
いざというときは、ぜひ一度試してみてくださいね^^

スーツ類の手入れまとめ
【新社会人特集】スーツや革靴などの手入れ方法まとめ12選

<スポンサーリンク>

(最終更新:2016-09-14)
Return Top